Mrs.リカバリー

統合失調症で社会人の日記。自分に取り巻く世界と向き合います。

母が憎い。

母が憎い。

私が苦しんだ分、できるだけ苦しんでほしい。

 

それは間違いであると知っています。

でもそう思ってしまいます。

その理由があります。

 

 

私は学校でいじめの的になったことがあります。

そのいじめの初期の頃に母に一度だけ相談をしました。

母は「気にしないで」という反応で、まともに取り合ってくれませんでした。

 

虐待はなかったとは言えど、母と私は両方向からコミュニケーションが少ない関係だったので、親子間の信頼関係が薄かったです。

なので普段から気軽に悩みを相談できる家庭ではありませんでした。

 

私はかなりの勇気を出し自分なりの言葉を使って、母にいじめの相談をしたつもりでした。

身近な大人である母のその期待外れの反応にショックを受け、頼れる大人がわからなくなりました。

もう誰かに相談したくなかったです。

 

学校でのいじめはエスカレートしました。

どうすべきかわからなくて私は耐える選択肢を選らんでいました。

とても10代の子どもがどうにかできるストレス量ではなく、精神的に追い詰められました。

 

いじめを我慢をし続けて気付けば5年の歳月が流れ、統合失調症になっていました。

私が思うに、概ねそういった経緯で病気に繋がったと解釈しています。

 

母は私が苦しい思いをしていると気付いたのは、初めていじめの相談をした日からその5年後でした。

私は取り返しがつかなくなるまで自分の子どもの心に無関心だったことに腹が立ちました。

 

 

それ以来、母が憎いです。

未だに度々憎しみをぶつけています。

 

やり場のない怒り。

本来持っていたであろうものを失ったものの無念さ。

底なしの苦しみ。

病気になった多くの人が経験するでしょう。

 

母は今の私が訴えるその苦しみで自分を責めています。

それでも娘である私を責めることはしません。

ただ私の想いを受け止めて自罰的になっています。

今の母なりの愛なのかもしれません。

 

私は母と自分の統合失調症をどう付き合っていいか未だに戸惑っています。

母を憎しみながら責めるのは不適切だと薄々気付いています。

誰のせいでもないとわかっていても、どうしていいのかわからないのです。

私はそこで立ち止まっています。

 

統合失調症寛解した。

それだけがゴールではなく私はまだ先があるかもしれません。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。