Mrs.リカバリー

統合失調症で社会人2年目の日記。自分を取り巻く世界と向き合います。

もう少し隠すことを覚えたら。

私の仕事はお盆休みというものがないです。

今日も仕事をしてきました。

 

 

このお盆というイベントによって親戚付き合いなどから、自分の痛々しい一身上の事を言わなきゃいけないような話題に気を遣わなくていいので、それはそれでお盆休みがないのは楽です。

私にとって自分の経歴は人に言えたものではないので。。

 

 

最近、私の心に変化がありました。

人に自分のことを話すのが億劫に感じるようになりました。

自己開示を控えて、もう少し隠すことを覚えたくなりました。

 

私が思うに、本当に必要な会話はほぼないんですよね。

コミュニケーションとして必要な会話も確かにありますけど、そんなに多くを語らなくても成り立つのです。

社交より孤独が好きな人はよくわかるみたいですが。

 

 

自己開示は人の距離を縮めるのにとても大切ですが、人との間には適度な距離がありますよね。

自分のことを話すのが好きなタイプではありましたが、そうして自己開示の加減を知って、人と場所や量をだいぶ選べるようになりました。

 

私の周りの人に言いたいのは、人との距離感で失敗もありますが、見守ってくださるととてもいいということです。

自分のことってどこまで言っていいのだろうか。。

よくわからない。。

手探りで探します。

 

 

 

 

読んできださりありがとうございます。