Mrs.リカバリー

統合失調症で社会人の日常。

母が憎い。

母が憎い。

私が苦しんだ分、できるだけ苦しんでほしい。

 

それは間違いであると知っています。

でもそう思ってしまいます。

その理由があります。

 

 

私は学校でいじめの的になったことがあります。

そのいじめの初期の頃に母に一度だけ相談をしました。

母は「気にしないで」という反応で、まともに取り合ってくれませんでした。

 

虐待はなかったとは言えど、母と私は両方向からコミュニケーションが少ない関係だったので、親子間の信頼関係が薄かったです。

なので普段から気軽に悩みを相談できる家庭ではありませんでした。

 

私はかなりの勇気を出し自分なりの言葉を使って、母にいじめの相談をしたつもりでした。

身近な大人である母のその期待外れの反応にショックを受け、頼れる大人がわからなくなりました。

もう誰かに相談したくなかったです。

 

学校でのいじめはエスカレートしました。

どうすべきかわからなくて私は耐える選択肢を選らんでいました。

とても10代の子どもがどうにかできるストレス量ではなく、精神的に追い詰められました。

 

いじめを我慢をし続けて気付けば5年の歳月が流れ、統合失調症になっていました。

私が思うに、概ねそういった経緯で病気に繋がったと解釈しています。

 

母は私が苦しい思いをしていると気付いたのは、初めていじめの相談をした日からその5年後でした。

私は取り返しがつかなくなるまで自分の子どもの心に無関心だったことに腹が立ちました。

 

 

それ以来、母が憎いです。

未だに度々憎しみをぶつけています。

 

やり場のない怒り。

本来持っていたであろうものを失ったものの無念さ。

底なしの苦しみ。

病気になった多くの人が経験するでしょう。

 

母は今の私が訴えるその苦しみで自分を責めています。

それでも娘である私を責めることはしません。

ただ私の想いを受け止めて自罰的になっています。

今の母なりの愛なのかもしれません。

 

私は母と自分の統合失調症をどう付き合っていいか未だに戸惑っています。

母を憎しみながら責めるのは不適切だと薄々気付いています。

誰のせいでもないとわかっていても、どうしていいのかわからないのです。

私はそこで立ち止まっています。

 

統合失調症寛解した。

それだけがゴールではなく私はまだ先があるかもしれません。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

時には振り返るも、確実に前を向いている。

できるだけ日中は基本的に活動しています。

理由はいろいろありますがその一つが「嫌なことを考える隙を無くすため」です。

 

つい暇ができると前の職場について考えてしまいます。

その上司についてがこちら。

 

ochakochako.hatenablog.com

 

毎日毎日、上司に人前で原始的な言葉で罵倒され、自分の自尊心も自己肯定感も削られていました。

その職場への交通手段は車だったのですが、特に出勤中はこの車で何処かに突っ込めば私は死ぬか怪我をするから仕事に行かなくていいと、自損事故を起こしてしまおうかと魔が差してしまうのが日課でした。

 

あの時は仕事のストレスが理由で自殺を考えていましたね。

よく統合失調症が再発しなかったものです。

 

がんばったね。お疲れ様。私よ。

もう大丈夫だよ。

 

今はふと反芻思考をしてしまう度に、はらわたが煮え繰り返り不毛な時間を過ごしてしまうので、できるだけ考えないように努めています。

思考の反芻をしてしまうとそのことだけに時間とエネルギーが集中してしまうので・・・

 

私にとって考えないのは楽です。

デイケアの職場復帰関係のプログラムに参加したり公園で筋トレと運動をして、時間とエネルギーを有意義なものに使えるように前を向いています。

 

デイケアはストレスとの付き合い方や思考の理解や癖を知って、社会生活を円滑になるようにアシストしてくれます。

筋トレと運動は身体からアプローチして目に見える結果が残るので、自分を好きになる活動の一つです。

 

辛いことに囚われるのか、この先につながることをするのか・・・

私は前を向く選択肢を選びたいです。

 

少し遅れましたが、職場見学に必要な書類が出来上がりました。

あとは郵送するだけです。

これができたらめぼしい自分の得意そうな内容の求人に応募の連絡をしようかなと。

そんな段取りを作りました。

ちょっとづつ前進しているから大丈夫だよ。私。

 

 

読んでくださりありがとうございます。

社会で求められる力についてを勉強。

今、社会(企業)で求められる力。

by.経済産業省の資料。

 

というのをデイケアで学びました。

学んだというか張り紙で見ました。笑

 

私が行っているデイケアは社会人向けのプログラムがあって、復職前から社会復帰後までケアしてくれます。

働いて生活する自分が生きやすいよう知識を身につけ手助けしてくれるデイケアのプログラムです。

せっかくの求職中なので、できるだけ有効に利用しようかと思っています。

 

そこで、今、社会(企業)で求められる力について紹介させていただきます。

 

「基礎学力」「専門知識」に加え、それらを上手く活用し「多様な人々と共に仕事をしていく上で必要な基礎的な能力」が求められています。

それが「社会人基礎力」です。

 

「社会人基礎能力」とは3つの能力と12の要素でできています。

 

1つ目の能力は。

「前に踏み出す力」です。その中の要素が。

・主体性…物事に進んで取り組む力

・働きかけ力…他人に働きかけ巻き込む力

・実行力…目的を設定し確実に行動する力

 

2つ目の能力は。

「考え抜く力(シンギング)」です。その中の要素が。

・課題発見能力…現状を分析し目的や課題を明らかにする力

・計画力…課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

・創造力…新しい価値を生み出す力

 

3つ目の能力は。

「チームで働く力(チームワーク)」です。その要素が。

・発信力…自分の意見をわかりやすく伝える力

・傾聴力…相手の意見を丁寧に聴く力

・柔軟性…意見の違いや立場の違いを理解する力

・状況把握力…自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力

・規律性…社会のルールや人との約束を守る力

・ストレスコントロール力…ストレスの発生源に対応する力

 

 

だそうです。。

 

う〜ん。

自分に置き換えてみてしまいます。

自分には考え抜く力が劣っている気がします。

 

こうやって眺めていて思ったのですが、履歴書に書くことが困ったときにこれらの要素を踏まえて自分の持つ能力をアピールするのも良いかなと。

ちょっと考えました。

 

 

読んでくださりありがとうございます。

遊園地に行っていました。

先日は数日続いた雨から久しぶりの晴れの日でした。

恋人とデートしていました。

 

「この道をずっと行けば遊園地いけるんじゃね?」なんて、恋人と話しました。

そんな気まぐれで遊園地に行きました。

交際し始めてから一度も私と恋人は遊園地に行ったことがないんです。

純粋になんとなくです。

 

絶叫系を乗ったり、ウィンドウショッピングをしたり、軽食を食べたり、迷子になったり・・・。

一般的なカップルらしいことをしました。

少し初々しさも感じつつ楽しかったです。

 

 

6年も付き合っていると、一緒にいる意味がわからなくなってしまって。

私は「なんで一緒にいるんだろうね?」と話しました。

彼は「自分の一部なんじゃない?」と返えしました。

 

このまま。

当たり前のように仲良しな2人でいたいです。

「当たり前」と「有難い」は紙一重です。

恋人よ。貴重な楽しい時間をいつもありがとう。

 

私は家族や友人など大切な人と過ごすかけがえのない当たり前をありがたく過ごしたいと思えました。

 

 

 

読んでくださりありがとうございます。

また美容師に復帰したいかも・・・

私は元美容師でブラック企業から転職中の女です。

 

就活には黒髪。。

ということで、過去に得意客として行っていた美容室にお邪魔してカラーをしてもらいました。

 

私は毛髪が柔らかく細いのでカラーがすぐ色が抜けてしまいます。

4月に日本人の標準色の5トーンまで暗く染めたばかりの髪が、9トーンとか10トーンまで明るく色落ちしてしまいました。

この明るさでは就活ではアウトですので。

本当に色持ちは髪質によります。

 

担当美容師さんとは美容師免許がある者同士分かり合えることがあったので、私が美容師に復帰しないのを残念がっていました。

私が美容師を辞めた理由は、覚えることが多いのと業務に次から次へと追われるのに間に合わなかったからです。

あと理不尽な思いも常日頃からしていたので、この仕事が合わないなと悩んでたった1年で辞めてしまいました。

 

担当美容師さんは私に期待を込めて、エクステ専門店やカラー専門店など限定した業務内容の美容師ならなんとかできるんじゃないのと提案してくれました。

美容の技術者も減ってきているご時世で、待遇も給料も昔よりは幅広くなってきているそうです。

営業トークかもしれませんが応援はしてくれました。

美容師は独占業務なので資格があれば、その生業を全国どこでもすることができるので勿体無いと言われれば勿体無いです。

 

私としては美容師に失望しきっていませんし一度初心に戻ったというか戻ってしまい、気持ちは揺れてしまいました。

やっぱり未だに美容師の仕事が好きです。

好きだけでは仕事はできませんが、本当にやれるならやりたいです。

 

 

またいずれ統合失調症でありながら美容師免許を取得し、どうやって働けたのかブログに書けたら書きたいです。

法的には症状によっては美容師免許が発行されない場合があるので、誰かの為になるならばまた詳しく書かせてもらおうと思います。

 

 

読んでくださりありがとうございました。

職場見学の予定ができた。

先日、ハローワークに職場見学などの申し込みを行いました。

苦手な職員さんが担当になったので憂鬱でした。

その職員さんの牽制的な態度から想像するに、自分のことが精一杯なのかもしれませんが、冷たさを感じてしまい就活の辛さに拍車がかかったような気持ちです。

職場見学だけでも履歴書と職務経歴書が必要だそうで、先方が求めるなら用意するのは当たり前でしょうが少し心に負担がかかりました。

 

私の就活で理論上の問題はありません。

就活の前進はできています。

自分から見てもそれなりに頑張っていますね。

 

ただ感情的になっています。

今だけかもしれませんが・・・

 

 

その日は朝から悲しいニュースが入ってきました。

某有名お笑い芸人さんが自殺をしてしまったと。

亡くなった途端に知った口を利きたくありませんが、何か抱えていらっしゃったのかもしれません。

 

ご冥福をお祈りします。

 

全くもって悲しいです。

引き摺られて自分まで辛くなるので、それ以上そのことを知るのを避けました。

私は生きる予定なので生きることに集中します。

 

とりあえず、これからは心は置いてけぼりかもしれませんが、職場見学に向けて準備をします。

これは死なないための行動なのだ。

なんて、言ってみた・・・笑

 

 

読んでくださりありがとうございます。

恋人から思いやりの策。

私は統合失調症を抱えています。

 

今は安定していますが何がきっかけで再発するかわかりません。

ちょっとした爆弾です。

 

そんな中、恋人が具体的に提案をしてくれました。

もし私が体調を崩して働けなくなったとしたら・・・

私の障がい年金と彼の貯金の切り崩しでお茶子は生活してねと。。

 

奥の手として貯金を私に使わせてくれるそうです。

彼なりの優しさに感激しました。

 

でも私は働く意欲があるので甘えたりはしないです。

彼の優しさは胸にそっとしまっておきます。

私は就活に専念します。

おかげさまで集中できそうです。

 

 

読んでくださりありがとうございます。